高時村だより写真をクリックするともう少し詳しい説明があります。

ホームページに戻る  

  日記インデックスに戻る


2018 4/18(水)
ゴボウを蒔く
 今年はちょっと変わったやり方をしてみようと、早くから準備をしておいたゴボウを蒔く。種は昨日から水に浸けておいたのだが、沈まないのはほとんどなくて、中国製でも十分優秀だ。
 去年は手を抜いて、あまり深く耕さなかったら、枝分かれしたり固い地面に食い込んだり、散々だった。この方法だと収穫が楽だそうだが、育てるのはどうだろう。水やりが大変じゃないかという気もするが。
2018 4/17(火)
ジャガイモの芽
 このところ急に暖かくなって雨も降ったので、色々な物が育ってきた。ジャガイモも芽を出した。今年は手を抜いて、いい加減な植え方をしたので、ちょっと心配していたのだが。同じ頃に植えた田イモはまだまだ芽を出す気配はない。
 良いことばかりでもなくて、雑草も急に大きくなってきたし、母はタマネギが育ちすぎたのを気にしている。
2018 4/16(月)
アケビの花
 以前、神鍋高原で泊まったときに散歩の途中でアケビを見つけたので、とってきた。持ち帰った種を植えてから、かれこれ5年になるだろうか。梅の木の根元に植えたら、木のてっぺんまで巻き付いている。
 花はたくさん付くのだが、実がなっているのを見たことが無い。ツルは随分伸びたけれども、ヒョロヒョロで糸のようだ。もっとたくましく育たないと、実を付けられないのかも知れない。
2018 4/15(日)
夜叉ヶ池方面
 連休に夜叉ヶ池に登れないかと、偵察に行ってみた。雪はほとんど融けているのだが、なだれ落ちた雪が溜まって道を塞いでいるところがある。大きく壊れているところは2年かけて道を付け替えるそうだ。
 岐阜側から夜叉ヶ池に登る人は多いので、あの道ではちょっと具合が悪いだろう。対向車が来たら延々バックだ。昔はあちこちの山を独占できたのだが、登山ブーム以来どこもお祭り騒ぎになってしまった。
2018 4/13(金)
小谷城に登る
 用事が思ったより早く済んで少し時間ができたので、小谷城に登ってきた。平日なのに登山者が10人くらい居た。閑人が居たもんだと思うが、私もその一人だ。寒風が強く、じっとしていると寒い。
 あまり時間が無いので、大嶽まで行くのはやめて、六坊跡から清水谷に降りる。谷道の近くでは、長浜市が発掘調査をしていた。浅井長政の軍資金でも出ませんか、と聞いたら、まあ無いでしょうね、とのこと。
2018 4/12(木)
山菜採り
 母がゼンマイを採りに山へ行きたいというので、お供をする。現地まで軽トラで登って、ヤブの中へ。家では杖をついてポツポツ歩いているのに、山の中では猿のようだ。目を離すとどこかへ行ってしまう。
 人があまり山に入らなくなって、松茸は全く出なくなったが、その他のキノコや山菜も随分少なくなった。里山の生態系は何百年も人と共存してきたのだから、人が居ないとバランスが保てないのか。
2018 4/9(月)
入学式
 少年補導の仕事で早朝に中学校の新入生にビラ配り、昼前にはスクールガードの仕事で小学校の新入生の様子を見に行く。
 高校の入学式は午後なので、高1の生徒が中学校の入学式をのぞきに来ていた。小学生の下校時間の頃には、中1の生徒が真新しい制服を着て小学校をのぞきに来ていた。それぞれ、去りがたいのか、新しい制服を見せたいのか。可愛いらしいもんだ。
2018 4/8(日)
奥琵琶湖
パークウェイ
 今年は桜が1週間ほど早く、海津大崎の通行規制を1週間繰り上げたそうだ。と言うことは今日が本日なので、桜を見に行く。と言っても、海津大崎へ行ったら大渋滞に決まっているので、奥琵琶湖パークウェイにした。パークウェイから見ると、海津大崎の方もそんなに混んでいなくて、これなら向こうでも良かったかな。
 写真は季節限定「桜餅ソフト」。本当に桜餅入り。
2018 4/7(土)
ザゼンソウ
 息子がふらりと帰ってきて、桜はどうだという。今年は早くて、もうほとんど散ってしまった。どこかに咲いていないかと、余呉の方へ行ってみた。さすがに余呉ではまだ十分見られる。
 ちょっと足を延ばして中河内まで行くと、雪がたくさん消え残っていて、ザゼンソウが咲いていた。以前は随分群生していたのに、今は数えるほどしかない。さすがの鹿もザゼンソウは食わないと思うが。
2018 4/6(金)
タラの芽の
 テンプラ
 うちの近くにタラの巨木が有る。高さが5,6m有るので、先端の新芽を採るのが大変難しい。トゲが有るので、革手袋をはめて、脚立に登ってたぐり寄せて、二人がかりで採る。
 苦労する割にはそんなに美味い物ではない。季節のものだから、儀式的に食うという感じだ。ツクシ、フキノトウ、コシアブラなども同様。家のまわりにいくらでもあるが、そんなに沢山は採らない。
2018 4/4(水)
常神半島の桜
 「神子の山桜」を見に常神半島へ行く。舞鶴若狭自動車道ができたので、敦賀から三方五湖まで10分だ。神子だけでなく、常神半島全体に山桜が多く、実に見事。道が狭いので、あまり有名になると困るが、毎年来ても良いと思うくらい良い。
 せっかく来たので、魚など食って、名田庄村へ回って安倍晴明ゆかりの土御門総社へお参りして、宝くじ祈願をする。
2018 4/3(火)
リメイク
 「セーラー服と機関銃」のリメイクが大々的に失敗して、「1000年に一人の美少女」橋本環奈がトホホな事になったのは、ついこの間のはずなのに。性懲りも無く今度は「探偵物語」。
 松田優作と薬師丸ひろ子という最強コンビのヒット映画をリメイクしても、それを越えるどころか近づけるかどうかも怪しい。同時上映だった「時をかける少女」のリメイクはまずまずなものが多いが。
2018 4/2(月)
多賀大社
 父が、昔仕事で駆け回ったあたりを見に行きたい、と言うので、彦根方面へ行ってみた。彦根駅前の合同庁舎や高宮方面へドライブする。なにしろ、税務課や福祉課にいたので、その土地の隅々まで知っている。
 高宮から多賀大社を通って帰ることにした。こちらも何十年ぶりだ。今年は桜が早くて、もう散りかけている。名物の糸切り餅を買って、摺針峠から番場を回って帰る。
2018 4/1(日)
ゴボウを
 植える準備
 ゴボウは難しい。何年か前に豊作で気をよくしたのだが、その後あまり上手くいかない。かなり深く掘り下げて堆肥を入れるなど、地の準備が大変だ。手を抜くと上手く育たないし、収穫が面倒なことになる。
 今年は、テレビかネットかのネタで、肥料袋に土を入れて立てて、その中で育てる、というのをやってみようと思う。収穫するときは、袋を破って土を崩すだけ、という簡単さ・・・かな。